なるための方法

鍼灸

国家資格が必要

鍼灸とは、鍼(はり)と灸(きゅう)の二種類の技術を合わせた呼び方です。両方できる人を鍼灸師と呼ぶこともあります。それぞれ鍼師、灸師という資格があるのですが、ほとんどの学校では二つの資格を同時にとるカリキュラムとなっていますし、現場でも両方が求められることが大半です。さらに按摩マッサージ指圧師の資格もとれるという学校が多く、現場でもより多くの技術を持つ人の方が選ばれる傾向にあります。鍼灸師はそれぞれ国家資格であるため、資格を持つには国家試験を受けなければなりません。国家試験を受けるためには高校卒業後、専門の養成機関に三年以上通う必要があります。鍼灸師になるためにはこの学校選びが重要なポイントとなるといえるでしょう。鍼灸科がある学校は全国にあります。選ぶときのポイントは、按摩マッサージ指圧師も含めて複数の資格がとれるか、学費はどうか、通学できる場所か、合格率は高いかなどです。鍼灸師のみでは就職は厳しいので、なるべく多くの資格をとるのが基本です。資格サポートがあるとベターです。また学費や通学の都合などもポイントとなります。通学しやすい場所ならば一人暮らしの費用はかかりませんが、そうでなければ追加の費用がかかります。働きながら通うという場合や定時制学科があるかもポイントとなるでしょう。また学生や講師のやる気があるかもポイントです。体験入学やオープンキャンパスを見学して雰囲気を確認しておくとよいでしょう。