鍼灸

なるための方法

鍼灸は鍼師と灸師の二つを合わせた呼び方です。なるには専門の養成機関で三年以上通ってから国家試験を受ける必要があります。学校選びは多くの資格がとれるか、学費、通学はしやすいか、学校の雰囲気、合格率の高さなどがポイントとなります。

詳しく見る

医療機器の専門家

女性

病院内の機器を扱う

医師のイメージとして、聴診器を首からぶら下げて心拍音などを聞いて診察するイメージがあるでしょう。もちろんそれも大事な仕事ですが、病院の医師はもっと効率的な医療の仕事をしています。現在はアナログな仕事よりも医療機器を利用した仕事が多くなっていて、病院には多くの医療機器が備え付けられています。医師などは機械を使って治療や診察をするものの、それらがきちんと動くかどうかまではわかりません。この時に必要になるのが臨床工学技士です。臨床工学技士は、医療機関などで使われる医療用機器のスペシャリストです。医療機器には人工呼吸器や人工透析機器、人工心肺装置などがあります。これらの整備であったり設定を行います。同じ医療機器でも患者によって設定が異なります。どんなタイミングで作動させるかなどを医師から聞き、必要な設定を行います。臨床工学技士は継続的な治療の場でも必要ですし、緊急手術などの場にも必要になる人材と言えるでしょう。医療機関で欠かせない存在の臨床工学技士ですが、なるには国家試験に合格しなくてはいけません。大学や専門学校などを卒業すると受験資格が得られるので、まずは学校を選ぶ必要があるでしょう。私立大学だと学費に500万円以上かかるときもありますが、専門学校だとそれよりも安く行ける時があります。専門学校は3年制で、さらに夜間クラスだと授業の数が少なくなります。専門学校の夜間コースは安くいけますが、少ない時間で多くの内容を学ぶ必要があります。

勉強

どんな仕事なのか

診療放射線技師の仕事は、医療現場で放射線を使った検査を行うことです。CT検査やMRI検査が代表的なものとして挙げられるでしょう。国家試験を受けて資格を取得しなくてはなりません。まずは専門的な大学や短大、専門学校で知識を身につけましょう。

詳しく見る

パソコンを操作する人

医療を支える事務の専門家

医師事務作業補助は、医師の事務作業への負担を軽減する目的で病院等に設置されている職種です。公的な資格はありませんが、専門学校等で養成講座を受講すれば、職務に必要な知識を有する証しとして民間の認定資格を得られるチャンスがあります。

詳しく見る

男性

合格率が高い

新潟には社会福祉士に合格できるよう指導している専門学校が人気です。福祉に関する専門学校では資格取得に向けて講師が丁寧に指導しています。講師が試験について熟知しているので合格率は常にとても高く、さらに就職率も高いのが魅力です。

詳しく見る

男女

生命と健康をつなぐ専門職

臨床工学技士は工学の知識・技術を用いる医療専門職の一つで、大学や専門学校などで要請されます。文系出身者もいます。別の医療系国家資格を取得できる大学等の卒業者で指定科目を履修していれば短期間の課程もあります。医療機器も進化しており、臨床工学技士のニーズは高くなっているとみられます。

詳しく見る